株式会社クリフィックスFAS

Client first Financial Advisory Services

INTERVIEW社員インタビュー

クライアントから評価される
プロフェッショナルを目指す。
INTERVIEW#2
神原 大樹(公認会計士)

1新卒で入社した大手監査法人から転職を決めた理由を教えてください。

会計プロフェッショナルとしてのレベルアップを考えたときに、
①M&A再編・再生というフィールドが最適と考えたこと、②ファームの規模感、組織風土が自分にマッチしたこと、の2点からです。

プロフェッショナルとしての能力を
高められるフィールド

まず一点目ですが、M&A再編・再生はクライアント企業にとって、非日常的かつ極めて重要な意思決定の対象であり、経営判断において重要とされる要素のすべてがその場に登場するのではないかと考えました。そのため、これらを進めるためには、会計専門家だけでなく、弁護士など複数の専門家の広い知見が求められます。そうした場に参画することで、会計という自身の専門領域にとどまらないビジネス全般にかかる知見を間近で学ぶことができ、一人のプロフェッショナルとして大きくレベルアップできるのではないかと考えました。

プロフェッショナルファーム版ベンチャー

次に、二点目ですが、組織としてまだ若く、自分自身の成長を組織の成長に直結させることができるのではないかと考えた点です。誤解を恐れずに言えば、私たちは、「プロフェッショナルファーム版ベンチャー」なのだと思います。転職活動をしていた当時、代表の近藤を中心にメンバーが一丸となって目標に向かっていく雰囲気に強く惹かれるものを感じ、入社の意思を固めるまで時間はかかりませんでした。

2FAS業務未経験からの入社でしたが、監査法人での経験は活かせていますか。

仮説検証のアプローチは変わらない

たしかに、FAS業務自体はまったくの未経験でした。しかし、例えば財務DDに関しては、対象会社の財務上のリスクにフォーカスして、仮説を検証していくというアプローチは監査ととても似ていますし、財務分析の手法をはじめとして監査業務で得られた知識や経験の一つ一つがしっかり業務のベースとして活かされています。

クライアントの行動を促す提案が醍醐味

一方で、単に財務上のリスクや会計的な誤りを見つけるだけではなく、発見したリスクに対応する具体的な行動をクライアントに促す提案や助言ができるかどうかという視点は、監査業務とは大きく異なる点だと思います。目の前の作業自体は監査と似ていても、目指すゴールの方向が全然違う場面もあり、最初は慣れない部分も多かったですが、今ではむしろそこが醍醐味だと思っています。

3FAS業務は激務のイメージがありますが、実際の働き方はいかがですか。

メリハリの付け方次第

PJごとにマイルストーンがある程度明確なので、メリハリをつけて働いています。特に急ぎの案件がなければ、定時退社することも多いです。もちろん、タイトなスケジュールで動くプロジェクトや、複数プロジェクトが重なった時などはどうしても夜遅くまで対応せざるを得ないこともありますが、目的が明確なので、「残業させられている感」はありません。

4最後に、今後の目標について教えてください。

クライアントから評価されるプロフェッショナル

自分自身が一人のプロフェッショナルとしてクライアントのご担当者から評価され、次の機会にお声かけをいただけるようになることが当面の目標です。まだまだ、知識も経験も不足を感じる日々ですが、クライアントの期待に貢献しつつ、具体的なプロジェクトから得られる一つ一つの経験を活かし、日々成長していきたいと思っています。

社員インタビューINTERVIEW

PAGE TOP