株式会社クリフィックスFAS

Client first Financial Advisory Services

FAQよくある質問

応募・選考プロセスについて

Q1.
選考プロセスについて教えて下さい。
  • 当ウェブ内の「エントリーシート」からご応募下さい。(募集要項の応募先まで履歴書、職務経歴書を直接ご送付頂くことでも結構です。)
  • 書類選考後、メールで連絡させて頂きます。原則として複数回の面接を行い、2次面接以降で簡単な適正検査を実施しています。
Q2.
エントリーの前に、業務内容、会社の雰囲気を知る機会はありますか。
  • 会社の概要、業務内容および雰囲気に触れていただける「カジュアル面談」をお勧めしています。
  • 当ウェブ内の「エントリーシート」に、お名前、連絡先の他、その他欄に「カジュアル面談希望」と記入し、ご連絡下さい(その他の欄は記入可能な箇所のみご記入ください。)。弊社担当者より、日程調整のご連絡を差し上げます。 
  • 履歴書、職務経歴書のご用意は不要です。
Q3.
カジュアル面談あるいは面接は、平日夜間や休日も可能ですか。
  • ご要望がございましたら遠慮なくお知らせください。平日夕方以降はもちろん、休日を含めて、ご事情に応じて弾力的に対応させていただきます。
Q4.
業務を行う上で必要な資格はありますか。
  • (プロフェッショナル職)
    公認会計士のメンバーが多いですが、保有資格に関わらず、実務経験等を考慮させて頂いています。
  • (アシスタント職)
    簿記3級程度の理解があるとスムーズですが、保有資格に関わらず、実務経験等を考慮させて頂いています。
Q5.
年齢制限はありますか。
  • 年齢制限はありません。
Q6.
語学力(英語)は必要ですか。
  • 語学力(英語)は、必須要件ではありません。
  • クロスボーダー案件、海外とのやり取りを伴う業務もあり、語学力(英語)をお持ちの方は歓迎です。
  • また、実務的な語学力向上のための海外語学研修を支援しており、語学力向上に意欲のある方も歓迎です。
Q7.
給与はどのように決まりますか。
  • 前職の給与水準、経験および入社後の役職等を総合的に勘案して決定します。

会社・組織について

Q8.
メンバー構成について教えて下さい。
  • 年齢層は20~30代が中心です。メンバーの成長とファームの成長のベクトルが一致しています。
  • 大手監査法人、大手監査法人系FASの出身者が中心ですが、事業会社、金融機関等の多様なバックグラウンドを持つメンバーが活躍しています。
  • クリフィックス税理士法人と同一のオフィスであり、税務専門家チームとともに一定の規模感のあるオフィスで執務する体制です。
Q9.
勤務時間を教えて下さい。
  • 就業時間は、原則、9:30~17:30です。
  • フレックスタイム制を導入しており、10:00~16:00がコアタイムです。
  • 時短勤務あるいは在宅勤務も対応可能で、多様なライフスタイルを尊重しています。
  • 例えば育児等で勤務時間が限られる方も、是非ご相談下さい。(既に、時短勤務で活躍しているメンバーがいます。)
Q10.
評価制度はどのようになっていますか。
  • 期初に設定した年度目標の達成状況を、年度末に面談を通じて確認し、各人の評価は本人にフィードバックされます。
  • プロジェクト毎のレビュー制度があり、具体的な業務を通じた貢献、成長を確認できます。
  • 単なる人事考課ではなく、プロフェッショナルとしての成長を支援しています。
Q11.
研修制度について教えて下さい。
  • 会計、税務の専門研修は、クリフィックス税理士法人と合同で年間30回程度、実施しています。
  • JFAEL(一般財団法人会計教育研修機構)の研修にも参加可能です。
  • その他の外部セミナー等への参加も奨励されています(費用は会社負担)。
  • 実務的な語学力向上のための海外語学研修についても支援しています。
Q12.
資格取得やキャリアアップをサポートする制度はありますか。
  • 弊社では、職種を問わず、メンバーのキャリアアップを全面的に支援しています。
  • 例えば、公認会計士、税理士、USCPA(米国公認会計士)等の講座受講費用・受験費用を補助する「資格取得支援制度」が用意されています。
  • 必要に応じ、試験休暇の取得も可能です。

業務について

Q13.
監査法人での経験を活かすことはできますか。
  • FAS業務は、財務や会計に関する知識および経験が不可欠であり、会計監査の経験を活かし、さらに専門性を深めることができます。
  • また、クライアントの多くは、上場会社であり、会計処理あるいは監査対応への目配りは欠かせません。監査法人での経験は、FAS業務に携わる上での一つの強みといえます。
  • 従って、FAS業務が未経験の方でも、監査経験を生かして活躍されるなかで、FAS業務の知識・経験を深めていくことが十分可能です。
Q14.
希望する業務を担当することはできますか。
  • 担当業務は、すべてプロジェクトベースでアサインされ、希望する業務に関連するプロジェクトに関与することができます。
  • 業務領域ごとの縦割り体制ではなく、幅広い業務領域を経験することが可能です。
Q15.
アシスタント職の業務内容を教えて下さい。
  • アシスタント職は、プロジェクトのサポートをしていただきます。例えば、報告書作成補助、エクセル等によるデータ作成、管理、書類の準備・発送・保管、電話対応、スケジュール管理等を担当します。
  • プロジェクトへの関与を通じて、財務・会計に関する知識あるいは経験を深めることも可能です。
Q16.
公認会計士登録に必要な実務要件を満たすことは可能ですか。
  • 弊社の業務により、日本の公認会計士登録に必要な実務要件を満たすことが可能です。
  • なお、登録費用及び会費は、弊社が負担します。
PAGE TOP